2020年05月09日

コロナの抗体

小学校の頃に、人体と病原菌と免疫について学んだ記憶があります。

怖い菌を薄めて注射すると、身体が菌に勝って、その後は菌が身体に入っても病気にならないで済むという内容でした。
すごいな〜と思いました。
ツベルクリンとBCGの関係がわかったような気がしました。

最近コロナに関して、抗体検査や抗原検査について聞いた時にその話を思い出しました。

抗体を持つというのは、
いつのかにかコロナウイルスに感染したけれど病気になる事無く済み、体内に抗体が出来たという意味だと思いました。

ところがニュースなどで、抗体検査陽性もPCR陽性と同じく感染者と呼ぶのが不思議でなりません。

いろいろな治療薬や検査法がニュースで流れますし、ワクチンの研究も進んでいると聞きました。
私達がコロナから救われるのは、世界中の人が抗体を持つ事ではないかと思っています。
posted by noriko at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187470948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック