2020年05月01日

9月入学説について

9月入学説が出ているようですが、私は賛成しません。
多分、今年の春は授業日数が足りないので、それを補充するつもりなのでしょうが、
そんなに安易に決める事では無いと思います。

今後も何が起きるかわからないし、大災害があるかもしれません。
いつも春とは限りません。
その度に休校して、入学期を変えるのですか?

問題は、日本はインターネット利用の環境が整っていないから、海外が行っているようなオンライン授業さえ出来ないという問題だと思います。

スマホを持って歩いている日本人の多くは、LINEも使っていると思います。
それを画像付きで先生が授業をするという発想はないのでしょうか?

黒板などを見るにはあまりにも画面が小さいから、せめてタブレット、出来ればパソコンを使えば、海外の先進国と同じようなオンライン授業が出来るではありませんか。

ITが全く遅れていると言われる日本。
オンライン授業を知らない教育現場。
このままでは井の中の蛙です。
posted by noriko at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187438809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック