2019年04月17日

ノートルダム大聖堂の火事

映像を見て、びっくりしました。
こういう建築物が消失するなんて、誰も想像もしないですものね。
小説にもよく登場しますよね。

行った事がない、憧れのパリ。
外国人としてみればパリの象徴であり、観光の目玉ですが、
パリ市民やフランス国民にとっては歴史的宗教的な心のよりどころだっただろうと思います。
それは私の理解を超えた存在なのでしょう。

十字架が輝きのままに残った事や、使徒たちの像がたまたま修復のために他所に移されていたので無事だったと聞くと、何か不思議な奇蹟的出来事のように思われます。
posted by noriko at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185873823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック