2019年01月12日

鏡餅は切ってはいけないんですって。

鏡餅をお汁粉に入れる時、包丁で切ってはいけないそうです。
切腹を連想させるからですって。

今年はお餅が小さかったので切らずにそのまま頂きました。
最近は鏡餅の形のプラの容器に食べ易い大きさのお餅が入っているから便利ですね。

昔はお米屋さんに注文して鏡餅を作って頂いていたので、かなり大きかったです。
鏡開きの頃には結構硬くなっていたので、父がトンカチでたたいて割っていた記憶があります。
少しヒビが出来る位に乾いていると、焼いても美味しかったし、油で揚げておしょう油をチラッとかけて食べるのが好きでした。
昔の家庭生活にはこういう四季折々の想い出が一杯あって懐かしいです。

現代の若い人やお子さんたちには、生活の想い出って何かしら。
posted by noriko at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185371905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック