2017年06月13日

夏といえばスイカ


いろいろなニュースや天気予報にふりまわされているうちに、スーパーの野菜や果物はすっかり夏になりました。
夏といえばスイカですが、昔は家族の人数が多かったので大きなスイカを買ってきてみんなで食べました。
縁側に座って、種を地面にポイッと吐き出しながら食べたものでした。
そして食べ終わったスイカの皮は、「こうやってこするといいのよ。」と母に言われて足や腕をこすったものでした。

今は家族の人数が少ないので大きなスイカを丸ごと買っても食べきれませんから、切ったスイカを買って、器に入れてスプーンで食べます。
家族の人数や建物の構造が変わると生活様式もかわりますが、昔縁側で足をブラブラさせながら食べた豪快な食べ方が懐かしいです。

なんだか涼しくて、今日などは寒い位ですね。
温暖化を懸念するかと思うと、そのうちに氷河期が来るとか?
どうなっているのでしょう。
posted by noriko at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180033694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック