2019年03月03日

私のお雛様は戦火で焼かれた

今日はひな祭り。
女の子がいらっしゃるご家庭では幸せな時間をすごされた事と思います。
おめでとうございます。

女の子のお雛様は華やかで美しいですよね。
私のお雛様は第二次世界大戦の戦火で焼失しました。
道に穴を掘って近所の数軒が一緒に大事な物を入れて置いたら、空襲で燃えてしまったと聞きました。

戦中戦後ははっきりと記憶が残るには幼かったのですが、お雛様を見た記憶があります。

私は長女で、妹たちが生まれる都度買い加えていたそうです。
私の背丈ではお内裏様や三人官女はとても見えなくて、見上げると五人囃子の滑らかな白い足が見えるだけでしたが、下の方の段に飾られた御所車や輿などがきれいだったのを覚えています。

雛人形は子どもの成長と幸せを守ると言われています。
それを無情に焼いてしまったのが戦争でした。
愚かな戦争を二度と起こさない政治を願わずにはいられません。、
posted by noriko at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記